リィンカーネーションの花弁の感想です。

こんには、チャウ子です。

【リィンカーネーションの花弁】

のまんがを読んだので紹介します。

 

私は、まんが王国で無料試読出来た

ので是非読んで下さい。

 

無料試し読みはこちら

 

携帯の声の主はノイマンという数学者の

前世の才能を持つ者でした。

 

彼女はフィッシュから逃げる東耶に予測

演算した指示を送ってきます。

 

天才的な数学者が現代に蘇ったらどのよう

な活動をするかというテーマはとても面白

いと思いました。

 

宮本武蔵が現代に生き返ったらどのぐらい

強いのかなど、空想は無限です。

 

この作品では前世の才能を引き出すという

設定で魅力的な物語に仕上げています。

 

線路上でフィッシュと灰都がにらみ合いを

しています。

 

アイヌキという技でお互いに一歩も動けな

くなりました。

 

せまる電車に両者が轢かれると思ったその

瞬間に、東耶が彼女を救います。

 

この時の彼女の心情が興味深いのです。

 

フィッシュを始末するには電車を使うしか

ないと考えた彼女は相打ちのような技を

使います。

 

このままでは彼女自身も死ぬ状況ですが、

東耶が助けに来ることを予想しています。

 

剣豪の物の考え方としては違和感がありま

したが、

 

彼女の判断というのもありえます。

 

前世の才能とともに現実の人間の思考もあ

るということです。

 

この作品のキャラクターの名前に関して私

が思う事は、

 

複雑になりすぎない配慮がされている

ということです。

 

主要登場人物だけには現実の名前あり、

加えて前世の偉人の名も付くのです。

 

気になるようでしたらまんが王国で
無料試し読みできるので読んでみて
ください。

 

まんが王国で無料試し読みはこちら

 

リィンカーネーションの花弁
で検索すると出ます。