漫画【溺れるナイフ】神から伊勢海老を貰った夏芽

こんには、チャウ子です。

溺れるナイフ

を読んだので紹介します。

 

私は、まんが王国で無料試読出来たので

是非読んで下さい。

 

 無料試し読みはこちら

 

夏芽は新しい友達ができて、家に帰ろう

とした時カナという女の子に

 

夏芽ちゃん家の裏のとこの海に鳥居が

あるの知ってるかと聞かれ、

 

夏芽には心当たりがあります。

 

カナは、そこには神が住んでいるから海に

入ったらダメな怖い所で夕焼けの時に

反射岸から眺めると綺麗だと教えてくれ、

 

今度案内するからこの町を好きになって

ほしいと言われ夏芽は嬉しい気持ちに

なります。

 

家に帰り携帯を見るとモデル仲間の子達

からたくさん着信がきていたからかけ直

したら冷たい態度で、

 

じゃあもうずっとそっちに住むんだと

言われます。

 

夏芽はヤケになり酒を呑みます。

 

布団に入り寝ようとしたら突然怖くなり

夏芽は海に行きます。

 

夜で暗い中、夏芽はこの町は自分の求めて

いるものとは違う退屈な所だと思って

います。

 

海を見ながら夏芽は涙が溢れてきます。

 

泣いてたら変な音がして、夏芽は神が

いるって事を思い出し焦っていたら、

 

目の前を同い年くらいの男の子が歩いて

います。

 

男の子は夏芽に気づきひねもす屋の孫か

と言われ、誰にも言うなよと言われます。

 

そしてしゃがみこんでいた夏芽の脚に

伊勢海老を落とし、

 

夏目は驚いて悲鳴をあげています。

 

目の前にはすでにさっきの男の子は

いません。

 

夏芽はそれを神だと思います。

 

暗闇の中、白く発光していて、夏芽は

綺麗だった思っています。

 

次の日、カナが夏芽を迎えに来て一緒に

学校に行く事になります。

 

夏芽は昨日見た神はコウちゃんっていう

男の子なんじゃないかと思い始めて

います。

 

気になるようでしたらまんが王国で
無料試し読みできるので読んでみて
ください。

まんが王国で無料試し読みはこちら

溺れるナイフ
で検索すると出ます。