読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画【モンクロチョウ3巻】ネタバレ無料 拗らせた思春期の結末とは?

こんにちは、チャウ子です。
【モンクロチョウ3巻】 
を読んだので紹介します。
 
私は、まんが王国で無料試読出来たので
是非読んで下さい。
 
無料試し読みはこちら

 

2巻では、読モになるほど見た目も中身も

変わった桃子の登場で、

 

劣等感が増大していき虚勢のメッキが

剥がれていく主人公の正也の心情が

メインでした。

 

そして、今まで下に見ていた筈の山口から

鉛筆で刺されてしまうシーンで3巻へと

続きましたが、

 

実は次が最終巻なのです。

 

どんな落としどころでラストを迎えるのか、

結末が気になる3巻についてご紹介します。

 

鉛筆で刺された正也を介抱しにきてくれた

のはやっぱり彼女の立ち位置に近いリサ、

 

と思いきや現れて早々全く違う意味の介抱

をします。

 

そして、これがリサと岡部の最後のセックス

となり二人は別れてしまうのです。

 

元々、お互いの気持ちにずれがあった二人

なので、

 

これは予想通りの展開といえばそんな感じ

もします。

 

また、リサだけでなく当然かもしれません

が山口も突然の転校によって正也の前から

突然姿を消します。

 

正也はここで初めて二人への今までのぞん

ざいな扱いに対して罪悪感を持ち、

 

誰もいない教室で泣きながら二人に許しを

乞うのです。

 

アンチ正也の方にとっては胸がすっとする

場面かもしれませんね。

 

そして、正也の周囲をかき回した桃子

ですが、

 

読モの仕事は順調なのにイケメン新堂との

関係は彼女の隙間を埋めることはできず、

 

胸に穴が空いたような日々を過ごして

います。

 

それが後半になり、急展開を迎えるのです

がここからが本当に展開が早い気がします。

 

もう少しリサの過去のように新堂の性癖

についてもいろいろと話数があれば、

また違ったような気もします。

 

その急展開の流れですが、正也がぼーっと

一人部屋で桃子のことを考えている時に、

 

物音に気付いて玄関に行くとそこには

ホテルの名刺があります。

 

そして、外に出ると読モのスタッフで

ある和田の車に乗る桃子の姿を目撃

するのです。

 

正也は居てもたってもいられずに桃子を

追いかけ、ホテルから連れ出しお互いに

腹を割って本音でぶつかります。

 

しかし、そこで最終回とはならず、

卒業後の正也達のそれぞれの

エピローグで幕を閉じるのですが、

 

良くも悪くも変わったあの人の姿も

見れます。

 

全巻通して思ったのは、本当に女性は

蝶のように変わる生き物だという

ことです。

 

まさに、モンクロチョウというタイトル

に合ったラストでした。

気になるようでしたらまんが王国
無料試し読みできるので読んでみて
ください。
 
まんが王国で無料試し読みはこちら
 
【モンクロチョウ】 
          で検索すると出ます。